おすすめの頬っぺたの乾燥を対策グッズは簡易加湿器のミクニ ミスティガーデン2nd

私は30代の男性エンジニアです。

頬っぺたの乾燥を直接的には防ぐことはできませんがある一定環境での乾燥を防ぐグッズであれば心当たりがありますので、そちらを紹介させていただきます。
それは、ミクミから発売されているミクニ ミスティガーデン2ndという製品です。
このグッズは、簡易加湿器になり、どこにでも置くことができて乾燥を防ぐことができる品物です。
難点を上げるとすると、即座に効果を表すという製品ではなく徐々に周囲の湿度を上げることができるという品物で、おおよそですが室内の湿度を最大で10パーセント程度上げることができる品物です。
ただ、自然気化になるうえ、暖房の暖かい風が当たるなどをした際にはかなりの勢いでこちらのグッズの水が減少しますので環境によっては湿度が上がることよりも乾燥のほうが早くなるということもあります。
これは気化式の加湿器で水をフィルターにしみこませることで周囲の湿度を約最大で10パーセント程度上昇させることができる品物で頬っぺたの他各部の乾燥を防ぐことも可能です。
電気式のものと比較した場合、扱いが簡単でカビが生えたら捨てて新しいフィルターに交換と簡単に扱えるためお勧めできる製品です。
こちらはセカンドと名前がついているように2世代目の改良型で1世代目と比較した場合、湿度計で計測したところ、湿度の発生する量が大幅に増加していて約10パーセント程度上げることができました。
ただ、環境に依存する点と、即効性がなく、近くにいる方でなければあまり湿度の恩恵が受けられないという点もあり、このフィルターの近くにいる人のみ、湿度の恩恵を受けることができるグッズです。
フィルターは抗菌されていて、菌が繁殖すると黒くなりますので交換する目安はわかりやすい品物です。
オフィスの他、自宅で使用する際にも活用できるグッズで利点としては電気を使用せず、動作音などもない点で結構湿度を室内に与えてくれますが、デメリットとしては、消耗品であることと、頻繁に水を補給しないといけない点です。
これは1世代目のミスティガーデンと比較するとかなりの割合で水を補給してあげる必要があり、湿度をたくさん出せるようになった反動として、水の消耗が激しくなったということです。
ですが、加湿器の電気代や動作音などが全くないので言ってみれば、このフィルターさえ水に沈めることができれば、いくらでも湿度を出せ、カビが生えない限り使用できるのでコストパフォーマンスの良い加湿器になります。
局所的に加湿することができますので近くに置けば簡単に頬っぺたなどの加湿をすることができ乾燥を防ぐことができる製品がミスティガーデンです。

コメント